パワーストーンの相性や身につけ方

パワーストーンの相性や身につけ方

イメージ

 

パワーストーンは、何でも持っていればよいというわけではなく、それぞれの石にそれぞれの効果や意味があります。

 

ほとんどのパワーストーンは複数の得意分野を持っており、同じような働きを持っている石がいくつもありますので、自分の希望に沿ったパワーストーンの中から、気に入った色や外観の石を選ぶようにすると、デザイン面でも満足のいくアクセサリーを手に入れることができます。

 

具体的な効果等については、詳しく掲載しているサイトや書籍がたくさんありますので、それらを参考にすれば自分の願いに合ったパワーストーンを見つけることができるでしょう。

 

なお、ブレスレットのように複数の種類の異なるストーンを組み合わせてアクセサリーを作る場合には、相性の良さも考慮に入れましょう。

 

 

 

あまりストーン同士の相性が悪い組み合わせというのはありませんが、万が一そのようなブレスレットを作ってしまうと、せっかくのプラス効果が半減してしまったり、悪い気を感じたり、体調に影響が出てしまう、という体験談もよく聞きます。

 

また、パワーストーンの力は、持ち主との相性によっても異なってきます。
一度浄化してニュートラルな状態に戻した石と、しばらく常に一緒にいることで、相性を高めるといった方法もありますが、やはり石に願いを伝えたいなら、常に身に着けておいた方が伝わりやすくなります。

 

また、つける位置によっても結果が変わることがあります。
例えば、ペンダントは心臓に近いので、感情や愛情に影響があります。
ピアスは脳に近いため、閃きが冴えるようになります。